子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イタリアはおいしい!

もう1週間経ってしまいましたが、ハーフタームにイタリアに行ってきました。
d0046772_5461098.jpg
目的はずばりおいしいイタリアン!
お友達からボローニャにおいしいレストランがあると聞いて行ってみたくなり、ついでに大好きなフィレンツェにも。3泊4日で、何食食べられるか、、と食べることばかり計画して、行く前にレストランもしっかり予約して、しっかり食べてきましたよ。帰ってきた後写真を取り込んだら食べ物の写真ばっかりで笑った。

初日はフィレンツェ泊。我が家の御用達、格安航空会社のRyanairはフィレンツェには飛んでいないので、以前行った時にはピサの空港から行ったのだけど、今回はボローニャから入り、レンタカーでフィレンツェまで行きました。2時間弱の距離。あっという間です。
d0046772_5415920.jpg
ホテルに荷物を置いたらさっそくお昼ご飯♪ 前回フィレンツェに行った時歩いて歩いて見つけたお気に入りのレストランでピザとパスタ♪♪
d0046772_5444795.jpg
んー、おいし~!! イギリスでは絶対食べられない味だー。(東京でなら食べられそうだけど)

d0046772_5484621.jpgデザートはパスしてGROMでジェラート。
イギリスよりも暖かく20度くらいあったので、ジェラート日和でした。大好きなフィオリ・ディ・ラッテ(ミルク)とマロングラッセ。マロングラッセは初めて食べたけどおいしかった。やっぱりおいしいな~、GROM。これも東京でも食べられるんだよね。日本に帰ってから行ったらなつかしいだろうな。

フィレンツェでの目的は食べることと、あとお買い物。
夫はイタリアに行くとやたら服が買いたくなるんだよね、、、今回もコートにコーデュロイのパンツにシャツに手袋に・・・と大人買いしてました。私はブーツ。かなりくたびれてしまった茶色のブーツをはいて行って、新しいのを買ってはいて帰ってこようという計画。かなり探し回って、やっと気に入ったのを見つけて無事ゲットしました。

夕ご飯も昼と同じレストランへ。同じレストランで2食?と思われそうだけど、前回フィレンツェに行った時に意外とハズレのレストランがあったんですよ、、、なので、今回2食しか食べられないのにはずすわけには行かないのでね。

でも昼と違って、夜はフィオレンティーナステーキを食べる予定だったので、ピザもパスタもなし。前菜と肉! 1kgのT-boneステーキを4人で食べられるのか?と不安もあったのですが、長男はもちろん意外と次男も戦力になり、かなり余裕でたいらげましたよ! おいしかったなぁ。。。これは日本では食べられないね。トスカーナのキアーナ牛、ほんとにおいしい。(しかも1kgでたしか€40。安い!) それから、デザートに食べた「マンマの手作りティラミス」はふわっとしてて甘すぎなくて、今まで食べたティラミスの中でいちばん!だったかも。
残念ながら夕ご飯はカメラを忘れてしまって写真はなしです。。




翌日はボローニャに移動。
そうそう、その前に、今回フィレンツェで泊まったアパートメントホテルがとってもよかったんです。Booking.comのレビューが9.5/10っていう、なかなかないくらいの高評価だったのですが、期待を裏切らない素晴らしさでした。
ドゥオモから徒歩5分くらいのロケーションも、部屋の広さやインテリアも、キッチンの設備や用意してあるフリーの飲み物・スナックも、最新式ジャグジーとマッサージシャワーの付いたバスルームも、大満足でした。できれば連泊したいくらいだった。
First of Florence、超オススメです。

ボローニャは初めてでした。
旧市街じゃなく駅の近くのホテルに泊まったせいか、意外と大きな街だなぁ、、という印象だったけど、旧市街の方まで歩いて行くと、やっぱりいい雰囲気でした。そしておいしそうなお店がいっぱい。
フィレンツェはトスカーナ州でボローニャはエミリオ・ロマーニャ州。エミリオ・ロマーニャ州はパルミジャーノ・レッジャーノや生ハムで有名なパルマや、バルサミコの産地モデーナがある食のレベルが高いところなんですよね、、なので超そそられる高級食材店もありました。
それから、ヨーロッパ最古の大学ボローニャ大学(創立1088年!)があるので、学生らしい若者がいっぱいで、しかも週末に滞在したから、かなりにぎわってました。道を歩くのも苦労するほど。

ボローニャでの楽しみはボロネーゼソースのパスタを食べること。
ボローニャではボロネーゼソースではなく、ラグーソースと書いてあるんだけど、、
この日はお友達に教えてもらって予約しておいたレストランで夕ご飯。
d0046772_71138100.jpgラグーソースのタリアッテレ。とってもおいしかった~! 他にもいろいろ注文したので、多いかな、、と警戒して2皿にしておいたら息子たちにもっと食べたいとブーイングされました。1人1皿にしておけばよかった。。
あとこのお店のデザートのクレームブリュレが絶品!でした。普通のクレームブリュレよりも軽めの食感で卵の風味が効いたクリームの上にパリパリのカラメルがかなりビターでバランスよくおいしかったです。パンナコッタとカスタードプディングは固くてちょっといまいちでしたが。

翌日はせっかく車があることだし、、とパルマへ。
d0046772_73063.jpg
パルマは観光客がいっぱいな感じで、かなりにぎわった街でした。石畳の道でいい雰囲気。
d0046772_732327.jpg
でも土曜日のお昼で意外としまっているレストランが多く、お店も昼休みが長くてけっこうしまってました>_<。残念。d0046772_7353379.jpg開いているお店を見つけて入ってみたら、ここもとってもおいしいお店でした。本場ではパルミジャーノとパルマハムを一緒に食べるもののようでしたが、一緒に食べるとほんとにおいしい。昼からワインが進みすぎる~。ここ、パスタもハズレなく全部おいしかったのですが、値段が高かった!・・っていうか、パンとか水とかがちょっと高すぎだろ!っていうお値段だったので、実は観光客目当てにぼっているお店なのかも知れません。なので名前は書きませんね。まあ、おいしかったからいいんだけど。

夕ご飯はボローニャで、この日は古~いFIGAROに載っていたお店、トラットリア・ジジーナ。街からちょっと離れた所にあるので(タクシーで10~15分くらい)、タクシーで行ったんだけど、ホテルの人に予約してもらった後正確な住所を聞いておこうと思ったら、「誰でも知ってるから大丈夫」と言われました。かなりの有名店のようです。
d0046772_746958.jpg前の日にも食べたけど、またラグーソースのタリアッテレ。でもだいぶ味が違って、これもまた超おいしかったです。甲乙つけがたい。前日の轍を踏まないように1人1皿。ケンカもなくそれぞれ完食しましたよ~。次男はちょっと残しちゃったけど。メインには牛肉のタリアータを食べ、この3日間でどんだけ牛肉食べたんだ?って考えちゃうほど。日頃はそんなに食べないんだけどね。

d0046772_7515573.jpgお腹いっぱいといいつつもやっぱり食べちゃうデザート。興味があって食べ比べてみたくなっちゃうんだよね。2日前に食べたティラミスが今までで最高だったかも!と思っていたのに、このティラミスも最高かも、、、っていうか珍しいティラミスでした。苦めのカラメルソースがかかっていて、ラム酒が効いてる大人の味で、お腹いっぱいでも食べる価値のあるティラミスだったな。

帰りはタクシーを呼んでもらわないとなかなか拾えません。
行きは6ユーロくらい、帰りは12ユーロくらいかかりました。


・・・ってほんとに食べ物のことばっかり。
読んでくださった方、あきれてるんじゃ・・・。すみません。。。

3泊4日で体重も1.5kg増。パスタやピザで炭水化物がっつりに、牛肉、チーズ、ワイン・・・って身体に悪そうだし太って当然ですね。あー、増えるのは簡単なんだけど、減らすのは大変なんだよね。。
しばらくはお肉断ち、甘いもの断ち、、、と言いたいとこだけど、買ってきたマロングラッセやチョコレートもおいしくて困る。。
ほんとにイタリアは困っちゃうほどおいしいものがいっぱいでした。住むにはイギリスでちょうどいいかもなぁ。。。
[PR]
by morisobakouen | 2010-11-07 08:08 | 旅行