子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ノルマンディー・ブルターニュ旅行②

さて。最初の宿泊地はサン・マロ。

最初の計画ではモン・サン・ミッシェルに泊まろうかと思っていたのだけど、友人から「MSMは車で城内に入れないから、泊まる場合荷物を運ぶのが死ぬほど大変!」という情報をゲットし、あわてて変更。
後で実際行ってみて、ふかくふか~く納得しました。そして友人に感謝。
d0046772_511579.jpg

ル・アーブルからサン・マロに向かう途中にMSMを通るのだけど、翌日行くことにしてまっすぐサン・マロへ。
サン・マロは旧市街全体が城壁で囲まれた、いかにもリゾート地っぽいにぎやかな町。そして城壁の周りは真っ白い砂の砂浜。

旧市街は歩いて余裕で回れるくらいのサイズで、そこら中にシーフードレストランやクレープリー、おっしゃれ~な雑貨屋さんやお菓子屋さんなんかがあって、いつまでもブラブラしていたくなってしまう(子供抜きで!)。
でも着いた日は日曜日。さすがにお店は全然開いていない。
d0046772_4561943.jpg
夕方から街に出て、ブラブラしながらお店を物色。今回の旅行の最初のディナーということで気合が入りまくり、なかなか決められない私達・・・。

結局いちばんレストランの多い通り、ジャック・カルティエ通りの中の1軒に。

この日はフリュイ・ド・メール(シーフードの盛り合せ♪)、スープ・ド・ポワソン(魚のスープ)、ムール&フリット(ムール貝のワイン蒸し&フライドポテト)という典型的ブルターニュのメニューをとりあえずオーダー。そしてお味は・・・

美味しい~!!!

ただ、懸念していた通り、食べてる間中次男が大迷惑!
ハイチェアがないと自分が食べにくいだけでなく、いろんな物に手を伸ばしてナイフやフォークを振り回したり、グラスを倒しそうになったり・・・・・・ほんとに泣きたくなるほど疲れました(大汗)。
きっとかな~り白い眼で見られていたのだろうけど、そんなこと気にする余裕はなし。

せっかくの美味しいお料理なのに、味わえる最速のスピードで食べ切り、デザートは泣く泣くパスしてそそくさと去りました。

でもなにか甘い物甘い物~!ってことで、焼き立てを売っているクイニー・アマンとクレープをゲットして、ホテルでデザートタイム。
クイニー・アマンはパリッパリで美味しい! これで幸せ気分になれました♪
[PR]
by morisobakouen | 2005-08-12 05:12 | 旅行