子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ノルマンディー・ブルターニュ旅行③

さて。
2日目はいよいよ念願だったモン・サン・ミッシェルへ。

初めて行きたいと思ってから何年(十何年?・・(汗))かなぁ?
フランスには旅行で3回来たけど、パリとブルゴーニュ。こっち方面には足を踏み入れたことなく、行ってみたいけどきっと行けないだろうなあ・・・という場所だった。

そこに、ついに今日行ける♪

昨日から気合入りまくり、ホテルのおっちゃんに6時半にウェイクアップコールを頼んだ。
なのに・・・起きたら8時半!? おいおい・・・。

かかってきてないよなぁ・・でも、もしかしてかかってきたのに起きなかったかも?
と、結局文句言わずじまいだったけど、絶対かかってきてないと思う!
寝起きのメチャ悪い私はともかく、夫がおきないわけないもん!
くっそ~!!

あわてて朝食をすませ出かける支度をしたけど、やたら手間取り結局ホテルを出たのは10時くらい。あ~あ。

このホテル、あとからもうひとつすっごく腹立つことがあったのだ。大ハズレ。

サン・マロからモン・サン・ミッシェルまでは1時間くらい。
ほとんどモーターウェイで行けるので楽チン。
そして・・・見えてきた!!
かなり遠くからモン・サン・ミッシェルの姿が確認でき、私はもう大興奮!
同じような写真何枚も撮りまくり状態。

駐車場はもうかなりの車で埋まっていた。やっばいなあ・・・。
駐車場から城内までも、かなりの距離を歩かないといけない。ここで泊まることにしてたらホントにえらいことになってるとこだった。
d0046772_99676.jpg

写真を撮り撮り、城壁の中へ。
途端に・・・・道せまっ! すっごい人!!
ここ数年の海外生活ですっかり人混みに免疫のなくなっている我が家にはかなりキツイ竹下通り状態。
狭い道の両側にはお土産屋さんとレストランがびっしり。店先で立ち止まる人がいると渋滞して動けない。しかもずっと上り坂。
d0046772_911410.jpg
まったくもぉ!これを避けるために早起きして朝一で来ようと思ってたのに~!!
と、またホテルのおやじに怒り爆発しながらひいひい登る。

そしてその後さらに。
延々続く階段という苦行が待っていた・・・・。
夫は次男を抱っこし、私は荷物&たたんだベビーカー。そして長男がちゃんと付いてきてるか振りかえりながら。
これは正しく修行!! ご利益あるかなあ・・・。

でもせっかくだからと一番上まで登る我が家。あいかわらず貧乏性。
でも頂上(屋上?)からの眺めは、がんばって登ってきただけの甲斐があるものだった。
遥か遠くまで続く遠浅の海。ちょうど干潮の時で砂浜になっている(そこに“LIVERPOOL"とか“MANCHESTER UTD"とかでっかく書いてるアホなイギリス人。ご苦労さん)。
反対側にはノルマンディーの緑の丘が続いている。
心も身体も癒される一時でした。

そしてその後、まだまだ苦行が待っていた。
下りは途中まで建物の中(展示物やshopがある)を通って行くのでまた階段。
もう足ががくがく。
果てしなく続くかのような階段、下り坂を下りてやっと地上へ。
はぁ~・・・・疲れた~!!!

さらに、この後大変なことが!

着いた時、すっかり舞い上がってしまった私達は駐車場の車の位置(番号がある)を確認するのをすっかり忘れていたのだ!!
ここの駐車場、すっごく広くて、ディズニーランドのよう。全然目印もない。
夫と交替で30分ほど走り回り、やっとのことで車を発見できた時は涙が出るくらい嬉しかった・・・。これから行かれる方、どうぞご注意ください。

モン・サン・ミッシェル、もちろん感動したのだけど、予想していなかった難行苦行が待っていた。
でもやっぱり行ってよかった~!と思えるすごい所でした。
願わくは子供がもっと大きくなってから行きたかったかな・・・。
[PR]
by morisobakouen | 2005-08-12 09:09 | 旅行