子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

初挑戦その2♪

この前からこの方この方が作ってらっしゃるのを見て、食べたくてたまらなくなってしまったもの、私も作ってみました!
d0046772_2001857.jpg

レシピはこちらを参考に、日本のサツマイモとこちらのKumaraの水分の違いを考えてちょっと調節してみました。そしてお正月に半分冷凍しておいた栗きんとんも混ぜてみたので「芋栗ようかん」♪ 

舟○そっくりとは言えないまでも、そこそこ近いお味。「舟○の芋羊羹食べた~い病」は無事治まりました(^-^)。

それこそ日本にいたら絶対作ろうとは思わなかったであろうものですが、こうやって作ってみると食べられて嬉しいだけでなく自分で作れた満足感もあって、なんだか喜びもひとしお。
困難を乗り越えてつかんだ(大げさ?)ものは、喜びが大きいのよ!!
これってなんだか不倫にはまる人の論理のよう?!



パンは、最近ごまチーズパンにはまり続けてるのだけど、ふと形を変えて大きく焼いてみました。クープが深すぎたのはご愛嬌ということで(汗)。
d0046772_2092316.jpg

大きいバージョンはごま無しにして、粉の10%をライ麦粉に替えて。言わば「チーズ田舎パン」。
小さいパンだとぱさぱさになっちゃう気がしてあんまりしっかり焼き色が付くまで焼かないんだけど、今日は大きいのでしっかり焼いてみた。するとまた全然違うパンのように、違う風味でこれもうまいっ!
皮は香ばしく、中はしっとりやわやわ。これもけっこう私好みのパンだわ~。
d0046772_2015019.jpg

このチーズがこげてパリパリになっているところが超美味。つい1人でこっそり食べてしまいます(^-^;)。

このパンのおいしさは、多分チーズの力が大きいと思う。
写真がないのだけど、使っているチーズはSainsbury'sの「Taste the Difference」シリーズの「Vintage Reserve English Cheddar」。このチーズがとっても美味しいのだ!
ホロホロくずれる食感といい、濃~い旨みといい、まるでパルミジャーノのよう。でも焼くととろけて、生地にも旨みがしっかり溶け込んでいるみたい。
このままワインのおつまみにも最高! チーズ好きな方、ぜひ試してみてね♪

日本に帰ったらこういうチーズはなかなか食べられないんだろうな。パルミジャーノも高いし。
チーズや生クリーム、クロテッドクリームなど乳製品は、日本よりイギリスの方が充実していてしかもお安いよね。
せっかくだからいっぱい食べておこう・・なんて思うと、カロリーが高い。困ったもんだ。
[PR]
by morisobakouen | 2006-01-20 19:55 | 手作り