子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

‘現地食材で和食’レシピその1

今年の目標「プチ節約」をがんばるべく、まずは食費の節約。

ほんとは我が家の家計を圧迫しているのは「旅行費用」なんだけどそれはあんまり削りたくないので、食費を節約して旅行費用を捻出するぞ!というわけで。

食材でお高いものは、なんと言っても日本の物。
でも我が家は和食大好きな人ばかり。夕ご飯はやっぱり「白いご飯とおかず」じゃないと、なんとなく不満げ~な空気がただようのです(>_<)。
というわけで、現地食材で和食!

いろいろ試して、いくつか定番メニューもできてきたので、ちょっとずつアップします。
みなさんもオススメメニューがあったらぜひ教えてね!

*オイルサーディン丼*
d0046772_20324060.jpg

これはもとは作家の森瑤子さんのレシピ・・っていうかアイディアです。
オイルサーディンの缶を開けて中身をお鍋へ。そのまま火にかけてサーディンの両面を焼いたら、おしょうゆをジャッと回しかける。
熱々のご飯にサーディン・千切りにしたスプリングオニオンをのせたらお鍋に残った汁をかけて、七味をふる。

超簡単なのに美味しいんです。うちの手抜きメニューの定番。
ただちょっとコツがあって、まず「深めのテフロンのお鍋を使うこと」。すっごく油がはねます。私は更にふたで油ハネを防ぎながらやってます。テフロンのお鍋がない場合は、今度焦げ付くという危険があるので、汚れるの覚悟でテフロンのフライパンでやる方がいいかな。
あと汁をかける時、なるべく油をすくわないように(おしょうゆと油が分離してるので)おしょうゆメインにすくって、かけます。じゃないと油っぽい。
最初にお鍋にあける時に油を少し捨てちゃってもいいかも。



*人参とセロリのごま酢和え*
d0046772_20422273.jpg・人参大2本とセロリ2本を千切り。人参だけ塩少々を振ってしんなりするまで置き、水気を絞る(セロリがあんまり得意じゃない人は一緒に塩もみした方が食べやすいかも)。
・水気を切ってボウルに入れ、砂糖大さじ2・お酢大さじ4・おしょうゆ大さじ2と1/2・サラダ油大さじ3~4・ごま油大さじ2・すりごま大さじ3~4を加えてよく混ぜる。

途中で何回か上下を返して、少なくとも半日、できれば1晩置いた方が美味しいです。多めに作って2、3日食べられるので便利な副菜♪

*ブロッコリーの出汁びたし*d0046772_20484473.jpg
濃い目にとったお出汁に薄口しょうゆ(またはしょうゆ+塩少々)・みりん各少々で、お吸い物より濃い味にして冷ましておく。
ゆでたブロッコリーにおしょうゆ少々をからめて少し置いてから軽く絞る。それをだし汁に漬ける。
食べるとき削りぶし少々をかける。

これも1晩くらい置いた方が味がよくしみてて美味しい♪
出汁びたしはいろいろ応用が出来て、茎の長いブロッコリー(なんて名前なんだろう・・、アメリカでは「アスパレーション」って書いてあったけど)や、アスパラ、オクラなんかでも美味しい。

ただお出汁はできれば「ほ○だし」じゃなく、かつおぶしでとりたい(←あ、「当たり前じゃん!」と言わないで~)。
私の愛用しているこれはとっても便利です。
いわゆる出汁パックなんですが、けっこう本格的なお味。ちょっとおしょうゆとみりんを足すだけで、お吸い物やうどんのおつゆも簡単にできちゃう。箱の中は真空パックになっていて、未開封だと長期保存ができるので、私は日本から来る時これともう1種類、これ(お味噌汁用)もいっぱい持ってきました。
ほんとはちゃんと「花かつお」とかでとる方が美味しいのでしょうけど、かさばるので日本から送ってもらうにもこちらにストックしておくにも不便です。その点、これはgood♪
オススメで~す。
[PR]
by morisobakouen | 2006-01-22 20:30 | ごはんメニュ~