子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

時間のかかる料理

「時間のかかる料理」ブーム、続いてます。
よっぽど暇なのか・・って感じですが、実はそうでもないんだけど。。
でもこのお料理は手間はそんなにかからない、かな? ほんとに時間はかかるけど。
d0046772_1947149.jpg

でもとっても大好きな料理。

初めて食べたのは卒業旅行か結婚してから夫と来た時か忘れちゃったけど、パリのどこかのビストロで。子供の頃から鶏のもも肉の焼いたのが大好きだった私には、思いっきりツボにはまった「鴨のコンフィ」
それからパリでも、東京でも、メニューにあるとつい頼んでしまう大好きなメニューの1つでした。

そんなメニューをこの前お料理教室で教えていただけて、自分で作れるようになったんです。ほんと嬉しい~♪ これでもう食べたい時にお家で食べられる~。
すっごく手間がかかるんだろうな、って思っていた割りには、意外と手間はかからず。時間が美味しくしてくれるお料理・・とでも言うんでしょうか、かっこよく言えば。

d0046772_19513892.jpgたっぷりのGoose Fat(ガチョウ?の脂)で鴨のもも肉を低温で煮ていくと、しっとりホロホロの鴨のコンフィが出来上がるんですねー。自分で作ったとは思えないほど本格的な味でほんとに感激しました。

***** 申し訳ありませんが、先生が苦心されて考えられたレシピを私が勝手にお教えすることはできないので、レシピのお問い合わせはご遠慮くださいね。*****

ただ日本に帰ったら鴨のもも肉やGoose Fatがなかなか手に入らないんじゃないかなぁ・・なんてそんな先の心配までして検索してみたら、なんのことはない、あっさりこんなネットショップを見つけました。これで日本に帰っても簡単に材料を手に入れて作れることもわかったので一安心。あ、ちなみに温めるだけで食べられる加工済みのコンフィも売ってるようです。さすが日本、なんでもあるんだなぁ。。。
[PR]
by morisobakouen | 2008-02-02 20:01 | ごはんメニュ~