子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あ、あ、暑い~!

最近のイギリスの暑さは異常(たぶん)!
30度近いまたは超えてる日がもう1週間くらい続いている。
料理も掃除もする気しな~い!!
お菓子作りなんて、とんでもない!って感じ。
というわけで、blogのネタもない・・・。

今日は暑さをしのぐため(また!)、近くのショッピングモールへ。
そしたら、あれ? しばらく来なかったうちにすっかりセールモード!
GAPなんてもう4分の1くらいになってる!

涼みに行ったはずがすっかり気合を入れたお買い物モードになって、あれこれ買ってしまった。
うーん。これはまさに一石二鳥ってやつだね。ラッキー♪
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-23 01:32 | その他
今日は昨日に引き続きとっても暑かった!!
30度以上絶対行っていたと思う。

そこで暑さをしのぐため(あくまでも)、屋内アウトレットのあるSwindonへ行ってきた。この前「Y子の★若奥様日記 IN UK★」のY子さんが行ってきたのを見て、「へぇ~、そんなとこにもアウトレットがあったんだー」と行ってみたくなっていたので。
ロンドンから西へ1時間半くらい。もとは鉄道の車庫だったのだろうと思われる雰囲気のあるアウトレットモールだった。
d0046772_2356439.jpg


イギリスのアウトレットといえば、前回行ったBicester Villageがいまいちだったので、あんまり期待せずに行ったのだがここはなかなかいい! 値段の安さはさすがにアメリカと比べものにならないけれど、入っているお店がなかなか私好み。それに、空いてるし回りやすい。
あと駐車場がもう少し近くて時々荷物を車に置きに行けるとありがたいけど・・・。

今日の戦利品。
アディダスで来年の冬用ダウンコート(£17.50。安い!)
ウェッジウッドでワイルドストロベリーの八角皿(なぜかISETANのシールが! ロンドンの伊勢丹がなくなった時の返品?) あとティーマット。
ロイヤルドルトンでプーの置物・・・自分用とお友達に送るもの
バーバリーでベビー用セーター・・・いとこの出産祝い
あとはTシャツやサッカーボールや、ウィッタードの紅茶などゴチャゴチャと。
d0046772_23551988.jpgd0046772_23553452.jpg

あといろいろ迷った物もあったんだけど、今日のところはこんなもんで。

屋内モールで涼しかったしいろいろ買って、気分よく車へ。
ところが炎天下に4時間とめてあった車の中はもう地獄! ちゃんと大きいアイスパックを入れてあったクーラーバッグの中も、さわるとアチッ!って感じ。うーん、恐るべし・・。
一気にみんな不機嫌になったのでした・・・・。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-20 08:35 | お出かけ

最近つくったもの・・・

最近、忙しくてあまりお菓子を焼いたりするヒマがない。
お菓子作りがストレス解消にもなる私としては、つまらないかぎり・・・。

でもそんな合間をぬってつくったもの。

d0046772_4165761.jpg

フルーツケーキと・・・
d0046772_4163781.jpg

みたらしだんご。

フルーツケーキは私の定番。今回も大成功!
みたらしだんごは・・・見た目美味しそうでしょ。でも・・・・・・なかったことにさせていただきました。ごめん、だんご!

何回目かの挑戦なのだかどうもうまく行かない。だんごのもちもち感がなくて固い!
だんご大好きな長男のOKが出るとは思えない・・・。
また挑戦したいけど、貴重なみりん(1本£8、1600円!)を無駄にするのはやだなあ。
うーん、和菓子はむずかしい。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-17 04:23 | 手作り

コッツウォルズ

だいぶ前になるが、こちらに来てすぐ行ったコッツウォルズ旅行のこと。

コッツウォルズという場所を私が初めてちゃんと知った、そしていつか必ず行きたい!と思ったのは、1994年の夏。雑誌FIGAROのロンドン特集の中の「ロンドンから行く田舎町。」という記事を読んだときだ。
その記事ではHenley&Marlow、Rye、Chagfordなどの魅力的な街々と、コッツウォルズのBurford、Woodstock、Stow-on-the-Woldが紹介されていた。

イギリスといえばロンドンしか行ったことのなかった私にとって、イギリスにこんな素敵な田舎町があるんだっていう驚きは大きかった。そして私はいつか必ずここに行く!と心に決めた。

それから10年。
イギリスには旅行で来たが、ロンドンに滞在しただけ。行くなら車で行きたい、でも運転するのが心配・・・でコッツウォルズ行きは決行できずにいた。
そして駐在という理由でロンドンで生活することになった私は、イギリスで初めてする旅行はコッツウォルズ、と当然のように決めていた。

3月17日に渡英。その次の次の週末に、コッツウォルズへ・・・。
せっかくだからのんびりしようと3泊4日でゆっくり予定を組んだ。
泊まったのは1泊目がカッスル・クームの近くのFarm House Hotel。そして2,3泊目はSnowshillのB&B。

そこは思い描いていた以上の素晴らしいところだった。
言葉では言い尽くせない・・・
というわけで写真をいっぱい載せますね。
d0046772_2204072.jpg

夕暮れ時、迷い込んで辿りついた高台からの景色。

d0046772_22153.jpg

SnowshillのB&Bからの景色。

d0046772_2213624.jpg

d0046772_2223732.jpg

カッスル・クーム。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-13 21:21 | 旅行

morisobako家の人々

morisobakoの夫
熱い体育会系40男。週末は家の前のロータリーでシャトルラン・リフティング・反復横跳びなどで汗を流す。週末の服装はサッカーウェアおよびジャージがメイン。

morisobako
暑いのと運動が嫌いなインドア系。
涼しい家の中で美味しいお菓子とコーヒーor紅茶をかたわらに読書かビデオを見るのが至福の時。
美味しい物が大好き♪ 日本にいた時は手軽にいつでも美味しい物が食べられたのに、ここ数年の海外生活でそれが困難になっているのが不満。でも同じように好きな旅行が楽しめるので、一応納得している。

長男
現在6歳。現地校のYr2。シャイで内弁慶。アメリカにいた時日系幼稚園でどっぷり日本語環境にいたために、今英語で苦労している。
平日お友達と遊ぶのと週末パパと遊ぶのが生きがい。好きなスポーツはサッカー。好きな食べ物はラーメン・ステーキ・納豆ご飯にフルーツなら何でも。

次男
現在1歳半。アメリカ生まれ。長男の4倍くらい手のかかる、暴れん坊。
それでもだんだん楽にはなってきて、最近は泣き喚くことも減ってきた。でも彼を連れての外食は恐怖。早く大きくなっておくれ!

2000年4月からアメリカ、カリフォルニアで4年半の駐在生活。
2003年、次男が生まれ、2人育児に振り回されてるうちに、夫にロンドン転勤の辞令。
先に夫だけロンドンへ。morisobakoと子供たちは日本で7ヶ月の休息&じじばば孝行。
そして2005年3月、家族そろってロンドンでの生活が始まりました。

同じ外国でもアメリカとイギリスではいろんなことが違ってまたビックリ。
子育てと家事に追われていても、できるだけ楽しいこといっぱいしたい!
そんな毎日のいろいろなことを記録していきたいと思います。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-12 22:39 | プロフィール
ここ数日のいいお天気で、すっかりお出かけしたい気分になっていた私。
今日はいまいちなお天気っぽかったのだが、お出かけ決行。行き先は、バラが見頃なのでは・・・とリージェントパークに決定。

朝が遅かったため昼抜きで出発。
しかし着くころには長男・次男とも爆睡。しかたなくパパを車に残し、私だけ先にお散歩タイム。
しかし、広い!
けっこうな早足で歩いてもなかなかバラ園(正確にはQueen Mary's Garden)にはたどり着かない。仕方なく車に戻ると次男が号泣中! ごめん、パパ(汗)!!

d0046772_4432888.jpg

それから車を動かし、バラ園へ。
ちょうど季節とあって、かなりな人出。イギリス人はこの寒さというのにタンクトップで日光浴(?)を楽しんでいる人も。
肝心のバラは、品種によってちょうど満開だったりまだまだつぼみばっかりだったり。でもいろんな種類を見られてけっこう楽しい。
d0046772_4441351.jpg

結婚式も2組行われていた。こんな所で結婚式もできるのね~。

冷えたしお腹も空いたし・・・と入ったGarden Cafe。
そこでオーダーした物は、「Grilled mushroom and cheese on sour dough bread」と「House Potted Shrimp with Sour Dough Bread」。
この最初の方は簡単にイメージできる。まあ、いわゆるピザトーストのような感じでマッシュルームがのってるのね。
それから2番目の方。私のイメージでは、「Potted Shrimp」→壷焼き?って感じで、たぶん海老のクリーム煮のようなものが壷焼きになってるんじゃないかな、と思いオーダーしたのでした。

それが来てみたら・・・!
なんて説明したらいいのかも悩むのだが、「ココット型に油(?)が固まったような物が入っていて、その中に超ちっちゃい海老が埋まっているもの」だったのだ。 
その海老の小ささは、さしづめ釣りに使うオキアミ
油ごと海老をパンに塗って食べろって感じ?

お味の方も、しょっぱい油に海老がまざっているだけ、ってそのまんま。まずっ!!

勘弁してくれ~!! 

これに飲み物で、£20(4000円)。やっぱりイギリスでは外食はしないに限る・・・・・・。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-12 08:46 | お出かけ

ベルギー旅行(最終日)

帰る日はとってもいいお天気だった。
こんな日に散歩したりボートに乗ったりしたい~と後ろ髪を引かれまくりながら、帰り支度。

でも昨日買い物をだいぶ済ませたので、今日は昼くらいに出ればいいかということで、私は最後にもうちょっとお買い物。パパと長男は公園に行って、後で待ち合わせることにした。

自由時間は1時間くらい。
でも急ぎ足で歩けば中心部はぐるっと回れてしまう、ほんとに小さな街。
最後にブルージュでいちばん美味しいと言われているお店でもチョコレートを買う。
Simon Stebin広場にあるChocolate Lineというお店。そこではホットチョコレート用の粉末チョコを買った。それからお土産も少し。

雨の中でゆっくり見られなかった街、ゆっくり見たらかわいいお店やのぞいてみたいお店がいっぱい。ほんとに後ろ髪、引かれてしまう。
また絶対来たい! と帰る前からもう思ってしまった。

パパと長男と待ち合わせたカフェで最後にもう一度ワッフルを食べようと思っていたのに、午後からしかダメだと言われてしまい、がっかり。
もう一度食べたかったな~!
しかたなくもう一度牛乳を飲んで、ブルージュに別れを告げた。

一路カレーを目指す。1時間半くらいで到着。
カレーの町から少し西に、Cite Europeという巨大なショッピングモールがある。
そこがイギリス人が海を渡ってお買い物に行く所。
その中にあるカルフールで最後に生ものを買って帰ることにしていたのだ。

お目当ては牛肉・生ハム&サラミ・チーズ。
またまた安さに興奮しながらステーキ肉やハム類、それにパイシートなども買う。
でも時間が限られていたのと、すごく混んでいたので気が焦ってしまい、かなり疲れる買い物だった。
でもカルフールだけじゃなく他にもお店がいっぱいで、ここだけでもゆっくり見たら1日かかってしまいそう。今度ここにもゆっくり来てみたい。

それからフェリー乗り場へ。
1時間半の船旅と、ドーヴァーに着いてから2時間のドライブ。そして無事に家に帰りついたのでした。
車から家に荷物を運び込むのがまた大変だったけど、すっごく充実感のある旅行だったなあ。

d0046772_44617100.jpg

ベルギーで買ってきたチョコレートたち♪
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-06 05:15 | 旅行

ベルギー旅行(3日目)

昨夜強くなった雨は朝になっても降り続いていた・・・。かなしい。

どうするか迷った末、今日はブリュッセルに行くことに。
ブリュッセルの方が都会な分いろいろできることがありそうだし、車で1時間くらいの距離でも多少天気がちがうかも、という淡い期待を抱いて。

ブリュッセルに向かう道中はすごい雨! ワイパーが利かないほどの雨と水煙。ちょっと怖かった。実際事故もあったようで、少し渋滞もしていた。
それでも1時間半ほどで無事にブリュッセルに到着。
高速を降りて街に向かう途中で・・・・。
私たちはいい所を見つけたのです。それは、大きなカルフール!!

ブルージュにいた時もスーパーを探していたのに小さい所しか見つからず、大きな郊外型スーパーってこの国にはないのかなと思っていたのだが、やっぱりあったのだ。
雨もやまないことだし、さっそく買い物タイムに変更。

買い物を始めて大興奮!
安い!! 美味しそう!! ビールがいっぱい!!
興奮しながらカートにどんどん入れていき、これって車に乗るのかな?と心配になるくらい。
ちなみにここで買った物(の一部)
ビール(Duvel・Orval・Chimay Blue・Hoegaarden Blancなど)
Bakeryで焼き菓子(フィナンシェ・マドレーヌ・シガレットクッキーなど)
スープの素・ドレッシングの素・パエリヤの調味料など
お菓子(ボンママンのフィナンシェなど)
・・・・帰るのが明日だから、生ものは買えなかったけど、ここで買い物をしておいたおかげで明日カレーで買い物にかかる時間が大幅に短縮できる。
しかもカレーのカルフールよりも空いていて買い物しやすかったし。
結果的に大正解だったのだ。

フードコートで昼食も済ませてしまおうと大して期待せずに入ったのだけど、そこで食べたハンバーグ(Steak hache)が美味しくてビックリ! こんな所でもこんなに美味しいんだ~!とまたしても感動。

だんだん雨も小降りになってきて、ブリュッセルの中心に着くころには傘もいらないくらい。
休日なのはイギリスだけでベルギーでは平日なので、車もそんなに苦労せず駐められた。

d0046772_02354.jpg
まずはお約束の小便小僧。噂には聞いていたけどほんとに小さい。ジュリアン君はお洋服は着ていませんでした。
次はグラン・プラスへ。すごーく重厚な感じ。イギリスよりは華麗でフランスよりは重々しい、独特な雰囲気でした。でも私はブルージュのマルクト広場のかわいらしい感じのほうが好みかな。

d0046772_23595797.jpg
それからまたワッフルを食べに。
ブリュッセル一と言われているワッフル屋さんDandoyへ。
2回のカフェでブリュッセルワッフルとリエージュワッフルを食べ比べ。今回はシンプルに生クリームだけを添えてもらい、ワッフルそのものの味を味わった。写真の右がブリュッセルタイプ、左がリエージュタイプ。
うーん・・・私も夫もブリュッセルタイプの方に1票!
でも、どっちも美味しかった~!!

最後にブリュッセルに行った目的の一つ、チョコレートを買いにグラン・サブロン広場へ。
ここにはピエール・マルコリーニとヴィタメールの2大有名店があるのだ。
でも今回はピエール・マルコリーニだけでチョコ購入。
プラリネ250グラム入りの箱・アーモンドチョコレート・袋入のトリュフを買ってたった30ユーロ(4000円くらい)!安い!!
日本で買ったらプラリネだけで5000円くらいするのに~・・・嬉しいようなムカつくような複雑な気分。でもチョコレートは最高!!!の味でした。
私が今までの人生で食べたチョコレートの中で間違いなくいちばん美味しかった。だてに有名じゃないのね~。
d0046772_4482083.jpg

↑写真撮る前にすでに3つくらい食べちゃった。

ブルージュに帰るころには青空が見えていた。
行きは何も見えなかった高速道路も美しい森や田園風景が楽しめて、気持ちのいいドライブ。

ブルージュで最後の夕食を楽しんだ後も、ホテルに帰るのがもったいなくて夜の街をぶらぶら。
夫と長男はマルクト広場でサッカー。静かにお茶を飲む人々に、とっても迷惑なやつらだったのでした。

d0046772_0304644.jpg

[PR]
by morisobakouen | 2005-06-05 00:03 | 旅行

ベルギー旅行(2日目)

d0046772_52780.jpg2日目の午後から雨の天気予報。
その前に朝一で運河巡りのボートに乗ることに。
ホテルの朝食が美味しくて、たっぷり堪能した後いざ出発。
ホテルからまたぶらぶら歩いていって、いちばん最初の船着場に並ぶ。朝早いせいか大して待たず2艘目の船に乗ることができた。

まず船頭さんが何語でガイドするかお客さんに聞く。「フラマン語(ベルギー北部の言葉)の人? フランス語の人? 英語の人?」多数決で英語に決定。どの言葉でもガイドできる船頭さんをちょっと尊敬・・。
30分程度の船旅で運河からの街の眺めを楽しむ。上から見ていた街並を下から見上げるとまた新鮮。それに緑が映えて、なんとも言えないいい景色。
空が青空じゃなかったのだけがちょっと残念でした。
心配していた次男も上を見たり後を見たり、意外と楽しんでいました。
どこを切り取っても絵になる風景に、私は写真を撮りまくりでした。

船を降りた後ちょうど雨がぱらぱら降ってきたのです。降り出す前に乗ってよかった~!

d0046772_55076.jpg

雨はそんなにぬれない程度だったので、その後引き続き街を散策&ちょっとお買い物。
ブルージュでいちばん古いというチョコレート屋さんでチョコレートを買ったり、ワッフルの美味しいお店でお茶したり。
このいちごのたっぷりのったブラッセルワッフルがベルギーではじめて食べたワッフルだったのですが、目からうろこの落ちる美味しさでした!!!
日本で食べていたワッフルはなんだったの~!と思わず叫びたくなってしまいました・・・。
d0046772_5122592.jpg

ああ、ほんとにベルギー最高! そのカフェで飲んだ牛乳も家族で奪い合うほど美味しかった。あれはジャージー牛乳なのかな?

その後雨が強くなってきたのでホテルに帰って車でちょっとドライブ。
町外れで見つけたデリでお惣菜とパンを仕入れ、2日目の夕食はホテルのお部屋で。
デリで買った物も全部美味しかった~! あんな店がロンドンに欲しい・・・。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-04 05:17 | 旅行

ベルギー旅行(1日目)

5月の終わりのバンクホリデーでベルギーに行ってきました。ブルージュに3泊。
ロンドンからベルギーに行くには、飛行機かフェリー、ユーロトンネル(電車)がありますが、今回私達はフェリーで渡ることにしました。
はじめてイギリスからヨーロッパ大陸に渡るので、海から見てみたかったのです。

家からフェリーの出るドーヴァーまで車で2時間。3連休だと思って早めに出たのとフェリーが遅れてたので港で3時間近く待つことに・・(泣)。朝9時ごろ家を出て、ブルージュに着いたのが7時ごろでした。
時間のロスがなければ6時間くらいで行けるんですけどね。次回への教訓。

さて。ホテルにチェックインした後はさっそく街を散策。
ホテルから中心のマルクト広場まで歩いて10分弱。とても小さな町です。でもその小さい中に可愛らしい建物と思わずボーっと見とれてしまう美しい景色がぎゅっとつまってます。
それから美味しいレストランに素敵なカフェ、目移りして困ってしまうくらいのチョコレート屋さん! 私が旅行先に求める物はすべてそろっています。

d0046772_4304957.jpg

石畳の道はベビーカーには大変だったけど、そんなこともかまわずいつまでも歩いていたくなってしまいました。

この日はホテルの人に勧められたレストランで夕食。
郷土料理のカルボナード(牛肉のビール煮)とチキンのワーテルゾーイ(クリーム煮)を食べました。それも美味しかったのですが、前菜の生ハムとパテ、海老のガーリックバターソースが最高!!でした。それから子供用にオーダーした魚のスープも絶品!!
ベルギーのお料理は美味しいと聞いていたけど、想像以上でした。
レストランでもビールを2種類試し、夫はホテルに帰ってからもう1種類。私はホットチョコレートに感動! 初日から早くも“食い倒れ旅行”の様相を呈してきた今回の旅行でした(続く)。
[PR]
by morisobakouen | 2005-06-04 02:38 | 旅行