子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

d0046772_7343086.jpg
この日も最高にお天気のよかったデヴォンの2日目は海の方へ。
d0046772_628117.jpg

d0046772_6422948.jpgドーセットと東デヴォンの海岸は世界遺産(自然遺産)に登録されています。海岸から切り立った崖になっている景色が続いているんだけど、この崖がすごい!!
なんと2億5千万年前から6500万年前くらいの地層が表れているそう。
特に2億年から1億4千年前の、「ジュラ紀(Jurassic)」と呼ばれる時代の地層が多く見られるので、Jurassic Coastと呼ばれているんですね~。ジュラシックと言えば、そう、恐竜! 恐竜の化石もこの辺りで見つかっているんですよ。
現在もアンモナイトや、古代生物の化石が見つかるそう。今度は化石探しもしてみたいな~。

d0046772_6453190.jpg化石は探さなかったけど、こっちの海岸できれいな石をいっぱい拾ってきました。
ここの石、みんなきれいな丸い形で表面がなめらかで、赤や白やしましまのきれいな色で、息子も私もどれがいいか真剣に選んじゃった。息子は決められなくって10個以上拾ってるし(笑)。
それが後で説明を読んだら、ここ-Budleigh Salterton-の海岸の石は4億年前にブルターニュでできたものが4億年前から2億5千万年前の間にここまで運ばれてきたものだそう!!
そりゃぁ、つるつるにもまんまるにもなるわけだね~・・・。
急にすごいものな気がしてきて(笑)、大事に持って帰ってきました。

More
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-30 06:41 | 旅行
この前の旅行の旅行記もまだ終わってないんだけど、ちょっと気分を変えて3連休で行って来た旅行の話です。
日本から遊びに来ている母と一緒に2泊3日でデヴォンに行ってきました。
d0046772_6502756.jpg
イギリス国内をまだあんまり旅行してないので、行きたい所がまだいっぱい。でもバンクホリデーウィークエンドであちこちチェックしたホテルがみんないっぱいで(ギリギリに手配するのが悪いんだけどね)、やっと取れたのがダートムーア国立公園の近く、Exeterの近郊でした。

デヴォンまでは約320km。夏休み最後の3連休の初日、絶対道路が混むだろうと朝6時半に家を出たら全然渋滞にはまらず、10時半ごろにはダートムーアに着いてました。
まず向かったのは前から行ってみたかったここ。
d0046772_651570.jpg
ダートムーア国立公園の森の中、人口200人くらいの小さな村 Drewsteignton の村はずれ。きれいに澄んだ清流にかかる橋の側のパブです。まえは‘Angler's Rest’っていう名前だったはずなんだけど、‘Fingle Bridge Inn’ と名前が変わってました。
d0046772_7501415.jpg
この川、時々大きな魚(鱒かな?)が飛び跳ねてとってもきれいな川でした。
子供たちがいっぱい(大人も!)川に入って遊んでたけど、うちはこんなにいいお天気になるとは思わなくって水着も短パンも持ってなかったので(残念・・)、川に葉っぱを流したり岸辺の芝生でお約束のサッカー。サッカーボールが川に落ちて、あわてて夫が追いかけるっていうハプニングもお約束(^_^;)。

この日とっても暑かったから川で遊ぶの気持ちよさそうだったなぁ・・。
でもパブで川の音を聞きながら食べたお昼ごはんもとってもきもちよかったです♪

それからもひとつ、近くの村 Chagfordへ。
この村は60年前に「イギリスでいちばん幸せな村」って新聞に載ったそう。
d0046772_7545087.jpgd0046772_7551482.jpg









イギリスでも唯一(だそう)の茅葺き屋根の銀行や(↑写真左)、13世紀の建物だというパブなど(↑右)、この地方の伝統的な茅葺き屋根の建物がいっぱいのかわいい村でした。
13世紀の教会ではちょうど結婚式が終わったところ。お天気も最高でとってもしあわせそうな花嫁さんでしたよ~♪

いよいよムーアへ
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-28 03:40 | 旅行

ただいま~♪

長いようであっという間だった、2週間の旅行から帰ってきました。
d0046772_5554472.jpg

最大の心配事だったお天気は、今回はツキに見放されなかったようで、素晴らしい景色を満喫できました。ほんとに最っ高の景色でした^^!
ただ最後の3日ほど、お天気運を使い果たしちゃったみたいで、雨・雨・雨だったけど・・・まあ、しょうがない。いちばん晴れてほしかった所で最高のお天気だったからラッキー♪としないと。

今回も車での旅行で総走行距離約3500km。
撮った写真は約500枚!
ゆっくり整理してまた↓に旅行記を書こうと思っているので、お暇だったら読んでみてくださいね~。
コメントはこちらにお願いしま~す♪

旅行記①~ディジョン・ブルゴーニュ~
旅行記②~ミューレンへの道~
旅行記③~ミューレン~
旅行記④~ロイカーバート~
旅行記⑤~コモ湖・ミラノ①~
旅行記⑥~コモ湖・ミラノ②~
旅行記⑦~トリノ~
旅行記⑧~アルボワ~
旅行記⑨~ランス~
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-12 05:56 | その他

夏の旅行⑦~トリノ~

旅行はここから折り返し。
今までずっと南東の方向に向かってきたのが、コモ湖からトリノはほぼ真西。
d0046772_5461212.jpg
この旅行中いちばん暑かったのもトリノ。冬季オリンピックがあったのでちょっと高地=涼しい?って思ってたのは大間違いでした。

d0046772_5473819.jpgこのトリノで私達がすっごく大好きになった場所がここ、EATALY Torino!Fiatの工場の跡地に出来ているLingottoという再開発地区に半年くらい前にオープンした一大イタリアンフードショップ。イタリア各地から最高の食材を集めて販売しています。
d0046772_55452.jpg



中はハム&サラミ、チーズ、野菜&果物、肉、シーフード、パスタ、ベーカリー、ワイン、ビール・・・とカテゴリーごとに分かれていて、それぞれの場所で軽く食べられるカウンターもあります。カウンターでも食べられるものはとっても本格的♪

d0046772_5542970.jpgd0046772_55504.jpg










d0046772_605966.jpgd0046772_612029.jpg










d0046772_653278.jpgトリノはピエモンテ州、ワインの有名な産地です。
バローロ、バルバレスコやアスティなどピエモンテのワインだけじゃなく、イタリア全土のワインを集めたスペースは地下に巨大ワイン売り場になってました。試飲ができるスペースも^^。

夢のようにおいしいものだらけのこの空間、何時間いても飽きないなぁ。
私達もまずワインを飲みながら生ハム・サラミとチーズの盛り合わせ。それからしばらく店内を探検して、さらにジェラート(ここ-L'Agrigelateria Sanpè-のジェラート最高!!)にカプチーノも。それからぶらぶらお土産探し、ワイン売り場ものぞいて、ほんとに何時間いたんだろう・・。
トリノにいらしたら、絶対はずせないですよ~、ここ!

もひとつ最高のお店
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-07 05:26 | 旅行
ミラノでお買い物・・のつもりが暑いのと息子達がうるさいのであんまりゆっくり見られず、ほとんどできませんでした。
なので、次の日、アウトレットにGo!
このアウトレット、実はスイスにあります。2日前に通った高速道路をまた通ってスイスへ。
でも1時間かからないくらいのところです。

冷房の効いた屋内だし、お店がまとまってて効率よく回れてお買い物もしやすい! スイスの物価は高めだけど、ここのお値段はセールになってるものはとっても安かったで~す♪
私も夫におねだりして1ついい物を買ってもらいました^^。
こんなところに入っているジェラート屋さんでもちゃんと本格的で、とってもおいしいジェラートも食べられました。さすが、イタリアが近いだけある?

ホテルに戻って戦利品を置いてから、夕ごはんを食べに。
この日は対岸の街レッコに行こうかと思ってたんだけど、ホテルのおじちゃんが近くでおいしいお店があると教えてくれたので、そこに行ってみました。
でもお店に着いたらまだ開いていなかったので、お店の前の湖で少し遊んで待つことに。
d0046772_5443995.jpg
ここ、防波堤があって、ちょっとした漁港のようになってました。釣りをしてるおじいさんとかもいて、のどかな感じ。子供の頃田舎の海の防波堤で遊んだのを思い出しました。
写真の左側、建物が何軒か並んでいる道のいちばん奥にホテルがありました(写真には写ってないけど)。このValmadreraの町(村?)、のんびりしててとっても気持ちのいいところ。

おじちゃんに教えてもらったレストランもすっごくおいしかった!!
d0046772_5493375.jpgd0046772_5495181.jpg水牛のモッツァレラを使ったマルガリータピザも、パスタも、メインの炭火焼も♪
d0046772_5501014.jpgこんな田舎のレストランもこんなおいしいってすごいよね。イタリアはほんとハズレがないなぁ。






d0046772_5525744.jpgその後レッコの街に行って散策・・のつもりが、こんなところを見つけてしまった。湖の側の移動遊園地・・っていうかプレイエリア? 息子達はじけまくり。でも前はこういう所に来ると私達も次男に付いててあげないとあぶなかったのだけど、もうすっかり長男と次男、2人で飛び回って遊んでくれるようになったのでほんと楽になりました。
夫と私は遠くからはじけまくる2人を眺めながらのんびり夕涼み。

涼しい風に振り返るとこんな景色↓。気持ちよかったなぁ・・・。
d0046772_558430.jpg


*最高の眺めだったホテルはこちら
家族で経営していて、みんなとっても明るくって親切!
特におじちゃんが息子達のことをすごくかわいがってくれて、2人とも「チャオおじちゃん」(会う度に「チャ~オ~!」と言ってたので)と呼んで懐かしんでます。私もチェックアウトの時、おじちゃんが「チャ~オ~~!」とずっと手を振って車を見送ってくれた時、ちょっと涙が出そうになってしまいました。こんな素敵なスタッフのいるホテルは初めて。
ただし行きにくいし周りに何にもないところなので車じゃないと無理。あと都会が好きな人にはオススメしません。
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-04 05:28 | 旅行
楽しかったスイスを後に、イタリアへ。
スイスからイタリアに行くにはいくつかルートがありますが、今回私達が通ったのはシンプロン・トンネル。シンプロン峠の下を車ごと電車に乗って通ります(ユーロトンネルみたいな感じ。でも電車の壁はないしトンネルは真っ暗! 息子たち、かなり怖がってました)。トンネルの長さは約20km、そこを15~20分ほどかけて通ります。料金は(たしか)€19。

トンネルを抜けたらイタリア!・・と言っても、急に景色が変わるわけもなく、しばらくは山道を走ります。この日お天気も悪くて、あんまりイタリアに来たなぁ~という感じもなく・・。
しかもホテルがなかなか見つからなくて(すっごくわかりにくいところだった ^^;)、着いたのは暗くなってから。

イタリアに来たんだ~って実感できたのは、次の朝。
d0046772_814529.jpg

ホテルの目の前がコモ湖!(正確にはレッコ湖) 窓からの景色~♪
お天気も回復して、太陽がまぶしい~。気温も、スイスの山の上とは明らかに違います。暑い!(・・と言っても30度ちょっと。日本にいる人に怒られちゃうね。)

コモ湖は「人」っていう漢字のような形の湖。その内の右下の部分はレッコ湖という名前になっています。ホテルはLeccoの町から2kmほど離れたところ。
対岸にレッコの町が見えて、夜は夜景がきれい。朝晩は湖からの風で涼しすぎるくらいでした。

ここには3泊。
この日はまずミラノへ! コモ湖からミラノは車で1時間くらい。朝でちょっと渋滞してたけど。
あとミラノの街中に入ってからが大変だった。駐車場が全っ然見つからない。街中は一方通行の道がほとんどで、同じところをぐるぐる回っちゃったり・・・(泣)。でも偶然見つけた地下駐車場にやっと止められました。
そして向かったのは、ここ。
d0046772_8252740.jpg

ドゥオモ(大聖堂)。残念ながら工事中でした。説明を見たら、2004年からいくつかのパートに分けて順番にやってきた修復工事が今年で終わるよう。来年になったらすっきりしたドゥオモが見られるのかな?
d0046772_8355321.jpgd0046772_836854.jpgお約束のアーケードを通って(通っただけ!)、ラ・リナシェンテ(デパート)をのぞいて、また長男の目的の場所へ。
彼は今回ミラノでA.C.Milanのユニフォームに選手の名前を入れて買うのを楽しみにしてました。迷った末「KAKA」と入れてもらって超大喜び♪ ペナントも買ってました。そのペナント、どこにかけるんだろう~・・と思ってたら、案の定リビングにしっかりかけられちゃいました。

d0046772_8384183.jpgそれにしても暑くて人が多くて、へばります。スイスの山の空気がなつかしい~。
早々にお昼を食べて退散することにしました。
帰り道、こんなところも寄ってみました。外から見ただけだけど。
A.C.MilanとInterのホーム、San Siro(Stadio Giuseppe Meazza)。ここで試合を観てみたいなぁ~・・と、夫&長男。

Bellagio
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-03 08:30 | 旅行
今回の旅行中、実はいちばん期待してなかったところ。
温泉好き・プール好きな長男のために予定に組み入れたんだけど。あとスイスからイタリアに抜けるシンプロントンネルに近いっていうのもポイントだったけど。
でも行ってみたらすっごくよくって、もう1泊したいくらいでした。
d0046772_0231933.jpg

Leukerbadはゲンミ峠の麓の温泉町。スイスでいちばん熱い源泉が出るそう。
かなり怖い崖っぷちの細い道をくねくね走って山に登っていくのは、なんだか日本の秘湯のような雰囲気。でも着いたのは岩山に囲まれたスイスの街、花やかわいいお家がいっぱいのかわいらしい街並でした。
d0046772_636097.jpg

ここにはブルガーバートリンドナーアルペンテルメという2つの大きな温泉施設があって、特にブルガーバートの方はジャグジーやいろいろなプール、スライダーなどいかにもうちの長男が喜びそうな施設だったので、1日遊ばせる予定でこの街に1泊することに。
着いてさっそく行ってみたけど、まあ、日本だったらあちこちにあるような感じ(スーパー銭湯とプールがくっついたような)でした。でもロンドンにはそういう施設はないから久しぶりで嬉しかったけどね。

ホテルにも温泉プールがあって、そこでものんびり泳げたので長男は大喜び^^。最近だいぶ泳げるようになっていて、パパに泳ぎを見せられたのが嬉しかったらしい。

スイスでお祭♪
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-02 18:46 | 旅行
ミューレンで過ごせる1日。この旅行中でいちばん晴れてほしかった日でした。
祈るような気持ちで朝起きると・・・快晴!! 
そして向かったのはこんなところ。
d0046772_23545558.jpg
d0046772_23553584.jpg
d0046772_23541556.jpg

ミューレンの街は標高1639m。そこからケーブルカーで4分、標高1912mのところにあるアルメントフーベルの展望台です。
ケーブルカーを降りるとこの絶景!! そしてレストランと牛と、ちょっとした公園。
旅行先でいつも公園を探し歩いているけど、こんな最高の景色と空気の公園は初めて~!! 息子たちも大喜びで遊んでいました。私もブランコに乗ってみたけど、ハイジの主題歌のように、雲の上に飛んで行っちゃいそうでした。ちょっと怖かった^^;。

d0046772_054996.jpgd0046772_07183.jpgしばらく遊んだ後、ミューレンの街までハイキング。いくつかハイキングコースがあって、2,3時間かかるような中級者向けのものも、30~40分程度の初心者向けのものも。
うちは次男も小さいので、40分のコース、Flower Trail。それでも1時間くらいかかったな。でも花の咲きみだれる道をのんびり歩くのは最高の気分でした~♪

More
[PR]
by morisobakouen | 2007-08-01 23:55 | 旅行