子連れロンドン駐在の日記 2011年3月本帰国しました。


by morisobakouen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いよいよ夏休み~♪

怒涛のように行事と送別会の続いた1ヶ月。

更新しようしようと思いながらできないまま、夏休みに突入してしまいました。
またちょっと長い旅行に行ってきますので、2、3週間お休みします。・・って特にお休みと言わなくても2、3週間更新しないことしょっちゅうありますが。。^^;

また去年のように、
d0046772_5501839.jpg
↑こんな景色が見られるといいな~、、と思っているのですが、天気予報はちょっとあやしくて・・・(涙)。
天気予報が外れるのを祈りつつ、行ってまいります。

帰ってきたら、また長くなりすぎないように旅行記書くつもりですので、よかったら見に来てくださいね~。

みなさんも楽しい夏休みをお過ごしください♪
[PR]
by morisobakouen | 2008-07-26 05:48 | その他

もうすぐ夏休み

またまたご無沙汰してしまってますねー。

PCには毎日何時間も向かっているんだけど、なかなか更新はできなくて。。

今、夏の旅行の予約&下調べをせっせとしてるところです。
今年も車で出かけるので、まずどこで泊まるか、それからどのホテルにするか、あとお店とかレストランとかも調べたり、、気付くと何時間も経っちゃってるんですよね~。
どこで泊まるかを決めるのがいちばん時間がかかるかな。行きたい所、見たい所、優先順位を決めて、ルートと1日の走行距離を考えて、だいたい候補をしぼったらその街にいいホテルがあるか探して、、、PCのウィンドウをいくつも開いて、ガイドブックとヨーロッパの地図と各国のドライビングマップを開いて、ほんと時間がかかる~。寝不足&疲れ目で大変。
でもやっとなんとかホテルを全部予約して、Eurotunnelも予約して、手配が終わったところ。

あと長いドライブ旅行に行く時、いつも心配なのが車のこと。
特に今年は英語があんまり通じないかも(?)ってとこも通るので、そんなとこで故障やなにかトラブルがあったらお手上げだー、、ってけっこう心配でした。

でもすごくいい保障内容の保険を見つけたので、ちょっとホッとしてます。
Eurotunnelと提携している保険のようで、↓こんな保障内容です。

>> Motor Breakdown Cover

Benefit Cover provided
Car hire if vehicle immobilised during the 7 days before departure Up to £750
Roadside assistance and emergency repairs Up to £250
Car hire and alternative travel costs following breakdown Up to £750
Emergency accommodation costs Up to £400
Return of vehicle to the UK if unrepairable Up to current market value of vehicle
Despatch of replacement parts No limit
Securing vehicle following break-in Up to £175
Alternative driver following illness of only driver No limit
Motoring legal protection including Bail Bond Up to £10,000
Loss of use of tent Up to £400


これで約2週間の旅行で保険料は50ポンドちょっと。
まさにうちが必要としていた保険♪
これで安心して出発できます。

行事続きのサマーターム、サマーフェアも終わり、運動会も3つ終わり、あと1週間ちょっとで2人とも夏休みに入ります。もう少しがんばろ~!
・・でも夏休みに入ると同時に、帰国していく仲よしのお友達が何人も・・・。
さみしいなぁ。
[PR]
by morisobakouen | 2008-07-13 05:15 | その他
d0046772_7414968.jpg

先日行ったウィーンでいちばん古いレストラン。

すごかったです。

何がすごいかと言うと・・・
d0046772_7425361.jpg
このお部屋。
この部屋の壁にサインがいっぱい書いてあるのわかるかな?

これ全て著名人の直筆サイン。
この中に、ベートーヴェン、モーツァルト、シューベルト、ワーグナー、ブラームス、ヨハン・シュトラウス、マーク・トウェイン、エゴン・シーレ・・・・・などなど、数え切れないくらい有名な芸術家の名前があるんです @_@!
d0046772_752985.jpg
暗くてよく見えないと思うんだけど、真ん中辺り「Wolfgang Amadeus Mozart」って書いてあるのわかるかな?

1500年ごろに創業したこのグリーヒェンバイスル(Griechenbeisl)は建物も歴史的建造物として貴重なもの。店内は8つの小部屋に分かれていて、↑のサインのある部屋は「Mark Twain Zimmer」という部屋です。テーブルがたしか5つか6つ、20席ちょっとしかない部屋なので、予約必須ですよ~。

最初どれが誰のサインか全然読めなかったんだけど、長男がウェイターのおじさんにどれがモーツァルトのサインか聞いたら長い棒を持ってきて、どれが誰のか丁寧に教えてくれました^^。
現在もサインが増え続けているようで、パヴァロッティやフィル・コリンズ、児玉清(笑)の名前もありました♪ でも歴史的に貴重な古いサインの書いてある壁はガラスで覆われて、大切に保存されています。

お料理は伝統的なウィーン料理という感じ。d0046772_841268.jpgd0046772_84329.jpg










ホワイトアスパラのスープ、この旅行中いろんなお店で食べたけど、ここのがいちばんおいしかったです。グーラッシュもおいしかった~。
モーツァルトやベートーヴェンがが食事したのと同じお部屋でごはんを食べた、なんてなんだか信じられないような、不思議な気分だったなぁ。

Griechenbeisl
Fleischmarkt 11, Wien
(01)533-1977

☆おまけ☆
d0046772_8153826.jpgその前の日に行った「ウィーンでいちばん大きなシュニッツェル」のお店もすごかったです。直径28cmと巨大だけど、薄くてさくさくなので意外と軽く食べられました(・・・4人で)。

Figlmuller
Wollzeile 5, Wien
(01)512-6177
[PR]
by morisobakouen | 2008-07-03 07:45 | 旅行